skip to Main Content
《木造戸建て専門》リモート住宅診断サービス「カウマエ」

カウマエPHOTOの撮り方について

診断に必要なお写真、お写真の撮り方などご紹介します。

内見にてお写真を撮影する際、特にご注意いただきたいことは、ヘコミ、シミ、ヒビ、サビ、カビ、タワミ、ワレ、ムシ(クイ)です。水モレや雨漏り、白アリ、傾きなどが表面にあらわれている現象ですので、内見時に気になるものがあれば、とにかく写真におさめて下さい。

1. 販売図面 もしくは 不動産情報サイトのURLなど

間取り図や物件情報が含まれる販売図面。

▼ 販売図面 イメージ写真

販売図面がない場合は、SUUMOなど不動産情報サイトの物件ページURL、もしくは、物件を特定できる情報が載っている部分のお写真(スクリーンショット画像/キャプチャ画像)をご送付ください。

▼ SUUMOより転載

2. 外観写真 2枚 + 気になる箇所

建物の前面道路より角度が異なる写真を2枚。

▼外観 イメージ写真

その他、外壁や基礎(土台)の「ヒビ」などございましたら、追加でご送付ください。

3. 屋根材

屋根材がわかる写真、撮影方法は以下のどちらかがおすすめです。

2階窓から1階の屋根を撮影
2階バルコニーから自撮り棒で撮影
(タイマー撮影など利用)

▼ 屋根材 イメージ写真

4. 各居室

なるべく「床・壁・天井」がうつっている写真を各居室ごと。しっかりと写っていれば各居室につき1枚でも十分です。

※ 2帖以上の納戸や収納でも撮影ください。それ以下の収納は不要です。

▼ 居室 イメージ写真

5. 水廻り(トイレ・洗面所・浴室・キッチン)

▼ 水廻りイメージ写真

6. 雨漏り

天井、カベ等の気になるシミなど。

▼天井やカベのシミ イメージ写真

7. その他 気になる箇所

その他、期になる箇所の写真をご送付ください。

▼気になる箇所 イメージ写真

Back To Top